MENU

毛質改善!育毛対策!の正しいシャンプー方法!


シャンプー方法が正しければ毛質改善や育毛対策が出来ます。使うシャンプーを変える事も大切ですが、シャンプー方法自体を見直すと毛質改善や育毛対策にベストな効果を得られます。

 

 

毛質改善」としてパサつきがなく、柔らかく、ダメージが少ない最良な毛質を作るにも、抜け毛防止や抜け毛予防としての「育毛対策」も、どちらも同じ「正しいシャンプー方法」を実践すれば効能が上がります。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

最良毛質と育毛効果を生む理想のシャンプー方法

40℃以上のお湯は厳禁!

シャンプーの時のお湯が熱いと頭皮に悪影響を与えてしまいます。特に40℃以上のお湯は頭皮への影響があるので控えましょう。
冷たい水も頭皮を刺激するのでNGです。

 

ベスト温度は36℃前後のお湯でシャンプーをすると毛穴の汚れも取れやすく効果的です。

 

 

シャンプーする前にお湯だけで洗う

シャンプーをする前にお湯だけで髪の毛と頭皮を洗う事で汚れをある程度取る事が出来ます。あとは残りの毛穴の中の汚れを取るのがシャンプーの役割です。
シャンプー前に基本的な表面の汚れが取れている事でシャンプーの効果が倍増します。

 

 

湯船に10分以上浸かってからシャンプーする

湯船に10分以上浸かる事で身体全体の毛穴を広げます。
頭皮の毛穴も広げる事が出来るのでシャンプーの時に毛穴が開いた状態の為汚れを多く取る事が出来て非常に効率的です。

 

 

シャンプー液を手で泡立てる事が先決

シャンプーする時に頭皮に直接シャンプー液を付ける人がいますが、これはNGです。
そのシャンプー液が市販の「高級アルコール系シャンプー」のような強い刺激や洗浄力の成分が配合されている場合は頭皮炎症を起こす可能性があります。
また、髪の毛に直接付けてもその強い刺激から髪の毛が痛んでパサつく原因になります。

 

 

さらに一カ所にシャンプー液が溜まるので最後に洗い流す時にシャンプー液が残りやすくなってしまいます。
手で泡立ててから頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

 

指の腹でマッサージするように洗う

爪を立てて洗うと洗いやすい感覚がありますが、それでは頭皮を傷づけてしまう可能性があります。
指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。頭皮マッサージは血行促進効果があり、髪の毛の栄養素が髪の毛を作る毛母細胞に行き届ける割合を高めます。

 

 

髪の毛の栄養素が十分に行き届けば抜け毛防止や育毛対策のみならず、痛みずらい髪の毛になります。

 

 

シャンプー液を頭皮や髪に残さない

シャンプー後はしっかりとすすいでください。シャンプー液が頭皮に残っていると頭皮が刺激されて炎症を起こします。
また、刺激が強い「市販シャンプー」を使っている場合はシリコン剤が配合されている事が多いのでシリコンが大量に髪の毛を覆う事になります。

 

 

シリコンで大量に覆われた髪の毛は使用感やサラサラ感は高いのですが、実際のコーティングの中の髪の毛は痛んでいます。
硬く、ゴワゴワした髪の毛の原因が刺激が強い「市販シャンプー」にあります。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

毛質改善+育毛対策は「ノンシリコン」で「アミノ酸系シャンプー」


アミノ酸を洗浄成分にしている「アミノ酸系シャンプー」は頭皮や髪の毛への刺激が少なく、洗浄力も強すぎないのが特徴です。
さらにノンシリコンであれば、コーティング剤がない為に市販の「高級アルコール系シャンプー」のように使用感や満足感を演出する事には劣りますが、髪の毛自体を修復させる力があります。

 

 

 

元々髪の毛は痛んでも修復する作用があります。それを防いでしまっているのがシリコン配合シャンプーを使い、シリコンでコーティングしてしまう作用によります。
手触りがサラサラなので毛質が改善されたと勘違いしてしまいますが、実際にはサラサラさせる膜を覆っているだけです。

 

 

実際にサラサラにさせて、柔らかい綺麗な髪の毛にするにはシリコンが配合されていない「ノンシリコン」で刺激や洗浄力が強すぎない「アミノ酸系シャンプー」を使う事がベストです。

 

 

男女別!ノンシリコン+アミノ酸シャンプーのランキング1位抜粋

ランキングは大手美容掲示板と口コミサイトからの抜粋です

男性1位!アミノ酸+ノンシリコンシャンプー 女性1位!アミノ酸+ノンシリコンシャンプー
ウーマシャンプー アロマのやさしさシャンプー


ランキング1位!男女別!無添加+アミノ酸シャンプー

1位!女性の「無添加+アミノ酸シャンプー」 1位!男性の「無添加+アミノ酸シャンプー」

スポンサードサーチ