MENU

アミノ酸シャンプーを使うとフケが消える!?


頭皮に発生する「フケ」は実は2種類あります。
乾いた状態のフケである「乾性フケ」と湿った状態のフケである「脂性フケ」です。

 

以下2つのフケの特徴です。

乾性フケ

乾性フケはその名前の通り、乾いた状態のフケです。フケ自体が乾いているので髪の毛にべったりと付く事よりは、髪の毛から外れて肩に落ちる事が多いです。髪の毛を強く触るとフケが落ちる場合は「乾性フケ」の可能性が高いです。

 

乾性フケの詳細は「乾性フケ改善方法ページ」に記載しています。

 

 

脂性フケ

脂性フケは湿っているフケの事です。フケが湿っているのでパラパラと落ちる事はありません。頭皮や髪の毛にこびりついている状態のフケです。
脂っぽくてベタベタしているのが特徴です。

 

脂性フケの詳細は「脂性フケ改善方法ページ」に記載しています。

 

 

 

「乾性フケ」と「脂性フケ」の原因とは!?

乾性フケの原因について

乾性フケの原因は頭皮が強く乾燥する事にあります。頭皮が強くない人が、「市販で売られている洗浄力や刺激が強いシャンプー」を長期間使うとその強い洗浄力で頭皮にある皮脂を根こそぎ取ってしまい頭皮自体が乾燥してしまうのです。乾燥した頭皮からは乾性フケが発生します。

 

また、1日に2回以上のシャンプーも皮脂を取りすぎる原因になり乾燥頭皮を招きます。

 

 

 

脂性フケの原因について

脂性フケの原因については、毎日しっかりとシャンプーをしているのに「脂性フケ」が出ると言う場合は、「乾性フケ」の原因と同様で刺激や洗浄力が強い市販シャンプーで長期間洗う事で「脂性フケ」が発生します。

 

 

「乾性フケ」の場合は、頭皮が乾燥する事でフケを発生させますが、「脂性フケ」が出る場合は、頭皮が乾燥する事で頭皮が皮脂がないと判断してより多くの皮脂を出す作用があり、その作用によってベタベタ頭皮になる事で「脂性フケ」を発生させます。

 

 

また、それ以外の脂性フケの原因は、頭皮をうまく洗えてなかったり、洗う回数が1週間に1回程度だったりと汚れが溜まる事で皮膚にある「マラセチア菌」が繁殖して「脂性フケ」を出す事があります。この場合は頭皮が洗えてなかったり、洗わなかったりと頭皮を不潔な状態にする事で発生します。

 

 

「脂性フケ」の不衛生状態が原因の場合は主に男性に多いようです。簡単に適当に洗うと「脂性フケ」が発生します。
女性で「脂性フケ」が発生する場合のほとんどの原因は市販の「刺激や洗浄力が強いシャンプー」を使用する事で頭皮がダメージを受けて発生するパターンです。

 

 

乾性フケと脂性フケの原因まとめ!

乾性フケの原因 @刺激や洗浄力が強いシャンプーの使用 A洗いすぎる事
脂性フケの原因 @刺激や洗浄力が強いシャンプーの使用 A不潔な頭皮にしている事

 

 

 

乾性フケと脂性フケを速攻で治すシャンプーを使う!


乾性フケも脂性フケも共通する原因があります。
それは市販シャンプーによくある石油から作られる成分を洗浄成分にする「高級アルコール系シャンプー」と言われる種類のシャンプーを使っている事です。

 

 

このタイプのシャンプーは使用感や香料、満足度を重視する一般的なシャンプーです。
頭皮が弱い人にとっては「頭皮環境を悪化させてフケを発生させるシャンプー」になってしまいます。

 

 

 

脂性フケや乾性フケで悩む場合や、頭皮炎症を防ぐ場合には刺激が弱く、洗浄力もマイルドな「アミノ酸シャンプー」を使用する事がベストです^^。アミノ酸シャンプーの洗浄力はほどほどの洗浄力が実現出来ていて、皮脂を取りすぎないほど強くない洗浄力ですが、毛穴の汚れは落としてくれる理想の洗浄力を持ったシャンプーです。

 

 

頭皮が弱い人や、乾燥肌、敏感肌、また抜け毛を防いだり、育毛対策としても使われるのがこの「アミノ酸シャンプー」です。
特定の人が愛用する為、市販よりも通販購入が一般的なシャンプーですね^^。

 

 

乾性でも脂性でもフケがある場合は「アミノ酸シャンプー」を使う事で改善が図れます^^。

 

 

乾性・脂性フケを取る為のベスト「アミノ酸シャンプー」

乾性・脂性フケ対策の「アミノ酸シャンプー」(男性) 乾性・脂性フケ対策の「アミノ酸シャンプー」(女性)
ウーマシャンプー アロマのやさしさシャンプー

 

 

 

上記の商品は「大手美容口コミサイト」でフケ改善部門でランキング1位の商品を抜粋しています。
ランキング変わり次第随時更新しますのでご了承ください








ランキング1位!男女別!無添加+アミノ酸シャンプー

1位!女性の「無添加+アミノ酸シャンプー」 1位!男性の「無添加+アミノ酸シャンプー」


スポンサードリンク