MENU

市販のアミノ酸シャンプーには気を付けろ!


シャンプーの種類の中で最も頭皮に優しく、刺激が少ない安全安心のシャンプーである「アミノ酸シャンプー」ですが、実は市販のアミノ酸シャンプーには気を付ける必要があります。

 

 

市販商品の場合、シャンプーの表示に広告として「アミノ酸シャンプー」と表現しているシャンプーがありますが、必ずしも本当の「アミノ酸シャンプー」であるとは言えません。

 

 

これは通販購入も市販購入も同じように気を付けるポイントですが、間違って購入する確率は市販シャンプーのほうが多いのです^^。それは通販の場合は、サイトで表示成分をじっくり見れるが、市販は立ち寄ったドラックストアなどでの確認なのでじっくりと成分表記を見られない為に間違っての購入が多いのでは?と考えています^^。

 

 

 

 

「本当のアミノ酸シャンプー」と「アミノ酸シャンプーもどき」のシャンプーがある!


実は「アミノ酸シャンプー」を宣伝する方式で表記の事に対する条件は法律の条件にありません。
これはアミノ酸シャンプーの成分を少しだけ配合してしまえば「アミノ酸シャンプー」と表現する事が出来てしまうのです。

 

 

 

この甘い規則を狙って作られた「アミノ酸シャンプーもどき」のシャンプーは実はたくさんあります^^。
ほとんど「高級アルコール系シャンプー」と言う市販シャンプーの代表的なシャンプー成分を主体にしていて、そこにちょこっと「アミノ酸成分」を配合しているようなシャンプーが市販でも出回ってします^^。

 

 

 

 

「アミノ酸シャンプーもどき」を購入しない為の注意点


このような「アミノ酸シャンプーもどき」を間違って購入しないようにする為の注意点としては、頭皮に刺激が強く、洗浄力が強する事で問題視されている「高級アルコール系シャンプー」の洗浄成分(界面活性剤)が配合されていないかを確認する事です。

 

 

アミノ酸シャンプーと言われて販売されていても、そのシャンプーの成分表記の欄で「スルホン酸●●」や「●●硫酸」などの記載がある場合はそれはアミノ酸成分が少しだけ配合されている「高級アルコール系シャンプー」です。とても頭皮に刺激が強く、さらに皮脂を根こそぎ取ってしまう洗浄力があります。

 

 

頭皮に悪影響を与える危険成分

ラウリル硫酸
ラウレス硫酸
スルホン酸

 

 

このような成分が配合されていたらせっかくの「アミノ酸シャンプー」だとしても無意味です。
それは頭皮ダメージや毛髪ダメージを与えるシャンプーになります。

 

 

もちろん20代までの若い人の健全な頭皮環境や敏感肌や乾燥肌ではない人の場合、このような刺激や洗浄成分が配合されていても問題ありません。
汚れをより綺麗に取ってくれる強い洗浄成分は頭皮環境が強い人の場合はメリットも多いです。
問題は、頭皮環境が健全でなかったり、強くない人が使う事で頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えてしまうのです。

 

 

 

安心なアミノ酸シャンプー公式サイト抜粋


以下、洗浄成分が「アミノ酸」主体の正真正銘の「アミノ酸シャンプー」です。その中でも売れゆきが良い商品、ランキング上位の商品を抜粋しています。
男女別に抜粋しています。

 

商品の引用元は大手美容ランキングサイト、頭皮ケアサイトからの引用です。

 

ランキング1位!男性のアミノ酸シャンプー

ウーマシャンプー ウーマシャンプー公式サイト

 

 

ランキング1位!女性のアミノ酸シャンプー

アロマのやさしさシャンプー アロマのやさしさシャンプー公式サイト

 

 

 








ランキング1位!男女別!無添加+アミノ酸シャンプー

1位!女性の「無添加+アミノ酸シャンプー」 1位!男性の「無添加+アミノ酸シャンプー」


スポンサードリンク