MENU

男性用シャンプーと女性用シャンプーの違い!


シャンプーには「男性用」と「女性用」、また、「男女共用」のシャンプーがあります。
市販シャンプーの多くは女性をターゲットとしている為に女性用か男女共用のシャンプーが多いですね^^。

 

 

では、男性用シャンプーと女性用シャンプーの大きな違いはなんなのでしょうか?
それは、男性用シャンプーの場合は、「血行促進成分」や「育毛作用成分」などが配合されている事が多い事です。

 

 

そして女性用シャンプーや男女共用のシャンプーはそのような「血行促進成分」や「育毛作用成分」は配合されていないシャンプーがほとんどです。
この違いが「男性用シャンプー」と「女性用シャンプー」の大きな違いと言えますね^^。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

男性が「男性用メンズシャンプー」を使う時期


前述の通り、男性用のシャンプーは女性用や男女共用と違い、血行促進や育毛効果の成分が配合されています。
男性が男性用シャンプーを使いたいと考える時期は抜け毛や頭皮炎症を気にする時期と一致しています。

 

 

20代後半〜の使用が多いのが特徴です。抜け毛や薄毛も個人差がありますが、早い人は20代で進行しますので年齢的に適した年齢とも言えますよね^^。
もちろん頭皮が強く、50代あたりから抜け毛が気になり始めた人はそのあたりから使い始める人も多いです。

 

 

抜け毛は遺伝はしませんが、頭皮の体質などは遺伝がある為、親が薄毛であると言う場合は早めに男性用シャンプーに切り替えるのも手ですね^^。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

女性の薄毛や抜け毛には専用シャンプーがある!


昔は、抜け毛や薄毛は男性のみの症状とされてきましたが、現在では女性でも薄毛や抜け毛に悩む人が増えてきています。
女性の抜け毛や薄毛は男性とはタイプが違い、一カ所を中心に抜け落ちるのではなくて、頭部全体的に髪の毛が少なくなる傾向があります。

 

 

 

特に生え際や分け目あたりが抜けやすくなり、頭皮が目立つようになります。
そのような女性が増えた原因の1つとして考えられているのは市販シャンプーのほとんどが刺激や洗浄力が強い「高級アルコール系シャンプー」に切り替わってきた事が挙げられます。

 

 

 

昔のような石鹸系のシャンプーみたいに天然成分由来で頭皮への刺激が弱い成分ではなく、石油から生成する洗浄成分の「硫酸系成分」や「スルホン酸系成分」が主成分の刺激が強いシャンプーが一般化してきました。

 

 

この事により、刺激が強いシャンプーを長年使い続けた女性もまた、抜け毛症状や薄毛症状が増えてきたのです。
このような女性の薄毛環境が一般化してきた事で発売したのが刺激が弱く、洗浄力も強すぎない「アミノ酸系シャンプー」です^^。

 

 

 

男性用も女性用も「アミノ酸系シャンプー」を取り入れてきた現在


女性の薄毛や抜け毛が進行してきた事で、その原因が市販の刺激や洗浄力が強すぎるシャンプー(高級アルコール系シャンプー)にあると分かってきてからは低刺激で洗浄力もマイルドな「アミノ酸系シャンプー」の販売数が伸びてきました^^。

 

 

 

男性の薄毛や抜け毛が昔よりも増えているのも市販シャンプーのほとんどが「高級アルコール系シャンプー」に切り替わってしまった事が原因とも言われてきています。
その理由から男性の場合も男性用シャンプーは昔は洗浄力の強い「高級アルコール系シャンプー」に「育毛成分」や「血行促進成分」を配合していたのですが、現在では「アミノ酸系シャンプー」に「育毛成分」や「血行促進成分」を配合している商品がほとんどになりました^^。

 

 

さらに商品によって「無添加」や「ノンシリコン」など徹底的に天然成分重視、低刺激、洗浄力もマイルドな洗浄力を重視してきていますね

 

 

売れている!男性用シャンプーと女性用のアミノ酸シャンプー

売れている男性用アミノ酸シャンプー! アミノ酸+無添加+ノンシリコンの「ウーマシャンプー
売れている女性用アミノ酸シャンプー! アミノ酸+無添加+ノンシリコンの「アロマのやさしさシャンプー


ランキング1位!男女別!無添加+アミノ酸シャンプー

1位!女性の「無添加+アミノ酸シャンプー」 1位!男性の「無添加+アミノ酸シャンプー」

スポンサードサーチ