MENU

無添加アミノ酸シャンプーは毛質改善効果+育毛発毛効果!


無添加シャンプーでアミノ酸シャンプーの場合は2つの効果があります。
ほとんどの人はこのどちらかの効果を期待して「無添加+アミノ酸シャンプー」を選択するはずです^^。

 

 

 

1つは「毛質・頭皮改善効果」でもう1つが「抜け毛改善効果(育毛・発毛効果)」です。
男性でも女性でもこのどちからの効果を期待して「無添加+アミノ酸シャンプー」を使用します。

 

無添加+アミノ酸シャンプーの効果・効能

毛質・頭皮改善効果
抜け毛改善効果

 

 

 

ランキング1位!男女別!無添加+アミノ酸シャンプー

1位!女性の「無添加+アミノ酸シャンプー」 1位!男性の「無添加+アミノ酸シャンプー」

 

 

 

アミノ酸シャンプーの効能は!?


アミノ酸シャンプーの大きな効能・特徴は「頭皮への刺激が弱い事」と「洗浄力に皮脂を取りすぎない程度の洗浄力がある事」です。
頭皮が弱い人や30歳以降の頭皮、また敏感肌、乾燥肌の人の頭皮の場合に、通常の市販のシャンプーを使用する事で頭皮が炎症を起こす可能性があります。

 

 

その理由は市販シャンプーのほとんどは「高級アルコール系シャンプー」と言われる種類で界面活性剤に石油を使用した洗浄成分を使用しています。
この洗浄成分が頭皮に付着する事で大きな刺激となります。

 

 

 

アミノ酸シャンプーの場合は洗浄成分に人間の皮膚を構成するタンパク質に構成されている「アミノ酸成分」を利用します。
この為頭皮に対する刺激はほとんどありません。頭皮炎症も抑えて予防も出来る為刺激が弱いシャンプーを求めるなら「アミノ酸シャンプー」となります。

 

 

 

また、もう一つのアミノ酸シャンプーの特徴はマイルドな洗浄力です。市販の高級アルコール系シャンプーの場合は頭皮にある皮脂をもすべて除去してしまう強い洗浄力がある為に皮脂を取りすぎて乾燥頭皮や逆に皮脂分泌を促してしまいベタベタ頭皮にしてしまいます。

 

 

アミノ酸シャンプーの場合は、頭皮の皮脂をすべて除去する洗浄力はありません。しかし、毛穴の汚れは除去するなどほどほどの洗浄力がある為に皮脂を取りすぎる危険性がなく、さらに毛穴の汚れは取ってくれる洗浄力を持っている優れた洗浄力のシャンプーなのです。

 

 

アミノ酸シャンプーの効能・特徴

頭皮への刺激が弱い 皮膚と同じタンパク質の構成成分の1つで頭皮への刺激がほとんどありません。
洗浄力が適度な洗浄力を実現 頭皮の皮脂を取りすぎないが、毛穴の汚れは除去できる理想の洗浄力を持つ。

 

 

アミノ酸シャンプーの詳細は「アミノ酸シャンプーページ」にて記載しています。

 

 

 

無添加シャンプーの効能は!?


無添加シャンプーと一言に言っても何が「無添加」なのか?分かりませんよね^^。
シャンプーで「添加物」と言うのは、「表示指定成分」に該当する成分が含まれていない事を指します。

 

 

1980年に厚生省が皮膚障害や頭皮に影響を与える成分を103種類に指定してその成分を「表示指定成分」としました。
これらの103種類の表示指定成分の内1つでも配合されていなければ、●●は無添加などと広告をする事が出来ます

 

 

103種類の表示指定成分の中でも頭皮に特に悪い影響を与える可能性が高い成分は「防腐殺菌剤」、「酸化防止剤」、「エモリエント剤」、「紫外線吸収剤」、「乳化剤」、「消炎剤」、「ホルモン類」、「毛根刺激剤」、「色素」、「香料」などです。

 

これらの成分は頭皮炎症などを引き起こす可能性が高い成分です。髪の毛にダメージを与えるだけでなく、頭皮環境も悪化させてしまう成分で毛質や頭皮が痛みます。
さらに抜け毛、薄毛も促進させるなど問題になっている成分ですね。

 

 

これらの1つでも配合されていなければ、「香料無添加」とか「酸化防止剤無添加」などと広告を出せる事になります。
注意する点としては、1つが無添加と広告されているシャンプーも他の配合されている成分を見るとその成分以上に頭皮や髪の毛に悪影響を与える成分が配合されているシャンプーが多いと言う事です。

 

 

シャンプーには必ず配合されている全成分の表記があるので、自分の目で成分を確かめるのも誇大広告的なシャンプーを選ばない為のポイントですね。

 

特に市販シャンプーにはそのような誇大広告的な無添加シャンプーが多いですね

 

 

市販の無添加シャンプーについては「市販の無添加シャンプーページ」の記事で詳細を記しています。

 

無添加シャンプーの特徴・効能

頭皮や髪の毛に悪影響を与えない 頭皮や髪の毛に悪影響を与える成分を排除しているシャンプーを無添加シャンプーと言う。悪い成分のすべてが無添加ではなくて、指定した成分が無添加と言う意味。

 

 

男女別!無添加+アミノ酸シャンプーのランキング抜粋!


無添加+アミノ酸シャンプーを購入したいと考えている人は2種類に分かれます。
毛質・頭皮改善効果を期待するタイプ」と「抜け毛改善・育毛・発毛を考えるタイプ」です。

 

 

無添加+アミノ酸シャンプーなら両方の効果がありますが、育毛発毛効果を期待する場合はそこに、育毛成分を配合した育毛・発毛に特化したシャンプーのほうがより効率的で効果的です。

 

 

以下男女別に大手美容ランキングサイトの1位のシャンプーを抜粋しています^^。
また、「毛髪・頭皮改善を目的とする」か、「抜け毛改善や育毛・発毛を目的とする」かでも分けて抜粋しています^^。

 

 

 

男性の為の無添加+アミノ酸シャンプーランキング1位抜粋!


以下男性用、又は男性に指示されている無添加+アミノ酸シャンプーです。
毛質や頭皮改善タイプ」か「抜け毛改善・育毛・発毛タイプ」で分けて抜粋しています^^。

 

男性の毛質改善の為の「無添加+アミノ酸シャンプー」

ウーマシャンプー

「公式ページ」へ行く 「詳細ページ」へ行く

 

 

 

 

 

 

男性の育毛・発毛効果の為の「無添加+アミノ酸シャンプー」

リマーユスカルプシャンプー

「公式ページ」へ行く 「詳細ページ」へ行く

 

 

 

女性の為の無添加+アミノ酸シャンプーランキング1位抜粋!


以下女性用、又は女性に指示されている「無添加+アミノ酸シャンプー」です^^。「毛質や頭皮改善タイプ」か「抜け毛改善・育毛・発毛タイプ」で分けて抜粋しています^^。
※女性も現在は抜け毛や薄毛対策シャンプーがあるんですね^^。

 

 

 

女性の毛質改善の為の「無添加+アミノ酸シャンプー」

アロマのやさしさシャンプー

「公式ページ」へ行く 「詳細ページ」へ行く

 

 

 

 

 

 

 

女性の育毛・発毛効果の為の「無添加+アミノ酸シャンプー」

マイナチュレ育毛シャンプー

「公式ページ」へ行く 「詳細ページ」へ行く

アミノ酸表記でも頭皮ダメージを与える成分入りがある!?


アミノ酸シャンプーは頭皮環境を改善させたり、育毛効果もあって良いとだけの判断で「アミノ酸シャンプー」を購入してしまうと落とし穴に落ちてしまう事もあります^^。

 

「アミノ酸シャンプー」と記載されていても、「硫酸」「スルホン酸」と記載がある場合は注意が必要です。

 

 

「アミノ酸シャンプー」と表記が出来る法律には●●の成分は配合してはいけないなどの規制はない為にそのような問題が出てしまいます。
アミノ酸シャンプーと記載があっても、必ず成分を確かめる事が必要です。
特に「アミノ酸シャンプー」と混合されてしまう成分に以下のような成分があります。いずれも頭皮にダメージを与える成分になりますので注意が必要ですね^^。

 

 

アミノ酸シャンプーに稀に配合されている毛髪や頭皮に悪影響を与える成分

 

ラウリル硫酸

「ラウリル硫酸Na」は界面活性剤です。とての泡立ちがよく洗浄力が強いので、若い人の頭皮には適してしますが、頭皮が弱い人に対しは刺激が強すぎて洗浄力も強すぎる危険なシャンプーになります。髪の毛や頭皮が痛み、さらには抜け毛も促進させるのでオススメが出来ません。

 

 

ただ、この界面活性剤はとても安価で配合出来るので配合している市販シャンプーが多いのも事実です。

 

 

ラウレス硫酸

「ラウレス硫酸Na」は「ラウリル硫酸Na」の洗浄力や刺激の強さを多少弱めた界面活性剤です。ラウリル硫酸が問題とされてから主に使われるようになりました。
石油からの生成でしたが最近では植物成分合成もあり、刺激や洗浄力は強すぎない事を広告していますが、それでも皮脂を取りすぎるレベルの洗浄力は健在です。

 

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

上記の硫酸系成分よりは刺激も洗浄力も弱いですが、やはりそれでも皮脂を取りすぎてしまう洗浄力があります。刺激も頭皮炎症レベルになる刺激を持っています。
このスルホン酸系の界面活性剤を洗浄成分として使用しているシャンプーはラウリル硫酸やラウレス硫酸を一切使用していません!などの広告をして洗浄力や刺激はそれほど強すぎないなどと誇大広告的な広告をしていますが、それでも、頭皮炎症や毛髪の痛みは生じる洗浄成分になります。

 

 

これらは脱脂力が強く、タンパク質変性作用がある為頭皮に大きなダメージを与える可能性が高いです。さらに、刺激も強いので頭皮炎症を招き、抜け毛を促進させてしまいます。
詳細は「市販のアミノ酸シャンプー記事」に記載しています。

 

 

ポイントは「アミノ酸シャンプー」の表記だったら、上記3点の「硫酸系●●」「スルホン酸系●●」などの記載がない事をシャンプーの表示成分を見て確認しましょう。
シャンプーの成分表示は2001年に薬事法改正で義務になっている為に必ず表記があるはずです。

 

 

100%アミノ酸洗浄成分の場合は決して安くはありません。非常に安価で「アミノ酸シャンプー」と謳っている場合は、まずは疑って見るほうが良いかもですね!

 

 

 

 

ランキング1位!男女別!無添加+アミノ酸シャンプー

1位!女性の「無添加+アミノ酸シャンプー」 1位!男性の「無添加+アミノ酸シャンプー」

シリコンシャンプーは使用感を高めるだけ!演出のみ!


「シリコンシャンプー」とはシリコンと呼ばれる「髪の毛を覆うコーティング剤」が配合されているシャンプーの事を指します。
このシリコンが配合される事により、髪の毛にサラサラ感やしっとり感がある薬剤を覆う事が出来るのでサラサラ感やしっとり感を実感出来たり、使用感や満足感を高める事が出来ます。

 

 

しかし、残念ながらそれは、そのような感じを高める演出だけで、実際の頭皮や毛髪はダメージを受けてしまいます。
ダメージを受けた毛髪もさらに、サラサラを高めたいとの事で「シリコン配合のサラサラを謳っているシャンプー」を使う事でそのダメージをシリコンでコーティングして隠した状態で継続させるので余計にダメージが強くなってしまい、いつまでたっても、頭皮炎症や毛髪のダメージが改善されないと言う悪循環を招きます。

 

 

この悪循環を断ち切るにはシリコンが配合されていない「ノンシリコンシャンプー」を使用する事です。

 

「ノンシリコンシャンプー」の詳細は「ノンシリコンシャンプーとは!?ページ」にて記載しています。

 

 

 

シリコンは髪の毛へのダメージ以外にも抜け毛を促進する!


シリコン配合のシャンプーはコーティングするだけのコーティング剤なので髪の毛を痛ませ、さらに実際のダメージを隠してしまいます。
その為にシリコンが取れると酷い状態の髪の毛の痛みが浮き出てくる事が多いのが現状ですね^^。

 

 

しかし、シリコンは髪の毛へのダメージを与えるだけではなくて、頭皮の毛穴に入り込む事があります。
頭皮の毛穴にシリコンが入り込むと髪の毛の成長を止めてしまいます。当然髪の毛の成長が止まれば男性も女性もその部分は抜け落ちてしまいます。

 

 

 

さらに、シリコン自体も頭皮全体への影響もよくないので頭皮炎症から頭皮の血行不良を引き起こし、髪の毛の栄養分を毛母細胞まで血液を通り流す事が出来なくなり髪の毛全体での抜け毛や薄毛が進行する可能性もあります。

 

 

シリコンかノンシリコンか見極める方法


ノンシリコンシャンプーの場合は、通常売る側でも宣伝するメリットが高いので「ノンシリコン」とシャンプーに記載されている事が多いです。
しかし、シリコン配合のシャンプーはシリコン配合なんて大々的な記載はありませんよね^^。

 

 

 

シリコンシャンプーかどうかはシャンプーに「ノンシリコン」と記載があるかどうかでも見極める事が出来ますが、より詳細に見極める方法はシリコン成分がシャンプーの「成分表記」にあれば、確実に見極める事が出来ますね^^。

 

 

 

シリコン成分とは「シリル」、「シロキ」、「シラン」、「ジメチコン」、「シクロメチコン」などの記載があるシャンプーです。
これらの成分が記載されている場合は「シリコンシャンプー」になります。

 

主なシリコン成分抜粋

「ジメチコン」「シクロメチコン」「シリカ」「シリル」「シロキ」「シラン」「シロキサン」

 

 

 

 

ランキング1位!男女別!無添加+アミノ酸シャンプー

1位!女性の「無添加+アミノ酸シャンプー」 1位!男性の「無添加+アミノ酸シャンプー」

「低分子性カチオン活性剤」などのコーティング剤シャンプーも要注意!


髪の毛を覆うコーティング剤は=「シリコン」と勘違いする人も多いですが、「シリコン」以外にも髪の毛を覆う事が出来てしまう「コーティング剤」があります。
それらの成分をシャンプーに配合していれば、当然、使用感やサラサラ感、しっとり感などの満足感は高まりますが、シリコンと同じように髪の毛や頭皮を痛める原因になります。

 

 

大敵!?低分子性カチオン活性剤!?


通常「無添加」や「ノンシリコン」など頭皮をいたわるような広告を出しているシャンプーは安心で安全なシャンプーのように思えますが、「低分子性カチオン活性剤」などのコーティング剤が配合されているシャンプーがたくさんあります。

 

 

この「低分子性カチオン活性剤」はシリコン同様髪の毛を即効的に柔らかく、サラサラにして使用感を高める事が出来ます。

 

しかし、この「低分子性カチオン活性剤」成分は髪の毛と頭皮へのダメージが最も強い成分グループの1つに入るくらい頭皮や髪の毛に対しては危険成分になるのです。
シリコンと比較しても「低分子性カチオン活性剤」はタンパク質の変性作用が強くより危険な成分と言えます。

 

 

 

タンパク質を破壊する「低分子性カチオン活性剤」


最近危険と言われる成分には石油系の界面活性剤があります。それは刺激や洗浄力の強さの他に、「タンパク質変性作用」を持っている事にあります。
実は、「低分子性カチオン活性剤」はこの石油系界面活性剤よりもさらに強い「タンパク質変性作用」を持っています。

 

 

 

髪の毛や頭皮に付着する事で髪の毛や頭皮を構成しているタンパク質を破壊してしまいます。
少しづつ蓄積されてタンパク質を破壊する為に、始めは使用感の高さから使い続ける事になり、その後も継続して使い続ける事で、コーティング剤としてコーティングされている状態が続いてしまうケースが多いです。

 

使用している本人は使い続けていればサラサラやしっとり感が継続出来るので、頭皮や髪の毛のタンパク質が破壊されていく事に気づきづらいです。

 

 

一度シャンプーをしない日を設けてコーティングをすべて取った時に頭皮や髪の毛がどのような状態になっているかを確認したほうが良いですね!

 

 

抜け毛が異常に増えたり、やせ細った髪の毛になっていたり、頭皮炎症が起きている場合は「低分子性カチオン活性剤」が頭皮や髪の毛を破壊している状態かもしれません。

 

 

 

「低分子性カチオン活性剤」配合の有無を見極める方法


「低分子性カチオン活性剤」が配合されているかどうかを見極める方法としては以下の成分が含まれているかどうかで判断出来ます。
以下の成分が含まれているシャンプーは「低分子性カチオン活性剤」入りのシャンプーになります。

 

 

「低分子性カチオン活性剤」を意味する成分

「ステアルトリモニウムクロリド」「ベヘントリモニウムクロリド」「ベンザルコニウムクロリド」「セトリモニウムクロリド」

 

 

特にチェックするシャンプーは「ノンシリコン」を謳っているシャンプーです。ノンシリコンにしているけどこの「低分子性カチオン活性剤」系の成分が配合されていたらそれはシリコンよりも危険度が高いシャンプーになってしまうからです。

 

 

その他の注意するシャンプーの成分表示は「シャンプーの成分表示の注意点ページ」にて記載しています

 

 

 

 

ランキング1位!男女別!無添加+アミノ酸シャンプー

1位!女性の「無添加+アミノ酸シャンプー」 1位!男性の「無添加+アミノ酸シャンプー」

パラベン配合のシャンプーは避けろ!


パラベンとは、「パラオキシ安息香酸エステル」の略称です。
このパラベンは様々な化粧品の防腐剤として使用されています。シャンプーも当然様々な成分を配合して作られるので腐ったり、劣化してりしますのでこの「パラベン」を配合する事により防腐剤としての効果を出しています。

 

 

ほとんどのシャンプーの防腐剤に「パラベン」が使用されるのは抗菌性が非常に強く、微生物に対して効果があります。
その微生物に対する効果の範囲も防腐剤の中で最も広くカバー出来るとされています。

 

 

 

防腐剤「パラベン」は頭皮炎症と毛髪にダメージを与える!


防腐剤の「パラベン」は頭皮への刺激があり、頭皮炎症と毛髪自体へのダメージがあります。
この「パラベン」を使用しない場合はシャンプーの表記に「パラベン無添加」や「防腐剤不使用」などの一文がある事が多いですね^^。

 

 

 

1つのシャンプーを購入して長持ちさせたいなら「パラベン」などの防腐剤は不可欠ですが、定期購入などの購入方法で毎月決まった日に商品が届くような場合は「パラベン無添加」や「防腐剤不使用」などのシャンプーを使ったほうが頭皮と髪の毛の為になりますよ^^。

 

 

 

定期購入方法でシャンプー腐りを防ぐ!


シャンプーは防腐剤が入っていないと腐りやすくバクテリアの発生の危険性もあります。しかし、防腐剤は頭皮や髪の毛に悪影響を与えてしまいます。
どうしてもパラベンなどの防腐剤が配合されていないシャンプーを長期間の使用で使いたい場合は、定期購入方法があります。

 

 

 

定期購入があるシャンプーの場合、決まった日付に出来上がりすぐのシャンプーが届く為に腐ったりバクテリアが発生したりする事は少ないです!
毎月定期的に自宅に届いて、頭皮への影響が強い「パラベンなどの防腐剤」が無添加なので頭皮や髪の毛に良いので人気の購入方法になります^^。

 

 

 

「パラベン」のメリット・デメリット


多くのシャンプーでは「パラベン」が配合されています。理由は製品としての「メリット」が高いからです。
パラベンを配合させておく事により優れた殺菌力でバクテリアや雑菌がシャンプーに侵入する事もカバー出来るからです^^。
つまり、シャンプーを腐らせずに使用期間を長く出来るのでシャンプーを販売する側からは外したくない成分になってしまうんですよね!

 

 

使用する人も頭皮や髪の毛のダメージよりも、値段や長く使える事に重きを置いている人が多ければ「パラベン」を配合する事は必然的になりますね。

 

 

また製造する過程でもパラベンを入れる事により、製造途中に雑菌が入る事を防げるので効率が良いのも「パラベン」を取り入れる理由です。
その為に「パラベン」不使用のシャンプーの価格は「パラベン」配合よりも全体的に割高になってしまうのです。

 

 

問題は一部の頭皮環境の悪化や髪の毛のダメージを気にする人や抜け毛、薄毛に悩む人、アトピー肌や乾燥肌タイプの人などシャンプー成分を気にする人にとっては「パラベン」を配合する事で悪影響を与えてしまう事です。
「パラベン」を配合していないシャンプーは「パラベン無添加」、「防腐剤不使用」などの記載があるのでそこをチェックするか、シャンプーの成分表でパラベンが配合されていない事を確認しましょう。

 

 

パラベンのメリット・デメリット

パラベン防腐剤のメリット 雑菌の繁殖を抑制、長持ちさせる
パラベン防腐剤のデメリット 頭皮や髪の毛にダメージを与える

 

 

 

 

 

ランキング1位!男女別!無添加+アミノ酸シャンプー

1位!女性の「無添加+アミノ酸シャンプー」 1位!男性の「無添加+アミノ酸シャンプー」

市販シャンプーに配合される様々な添加物は危険!


市販シャンプーには様々な添加物が配合されています。
通販で定期購入が出来るタイプのシャンプーではなくて、ドラックストアなどの市販で簡単に購入が出来るシャンプーに添加物が多い事には理由があります。
それは、大衆向けシャンプーの為に、「長持ち」、「使用感」、「費用の安さ」を重視するからです。

 

 

 

シャンプー販売会社はどうしても利益企業なので「売れるシャンプー」が必要になります。一般的に売れる為には「安さ」、「使用感の良さ」、「長持ちする事」の3つが重要なキーワードですね。

 

 

 

販売元視線からの販売だと、どうしてもこのようなシャンプー重視になり、洗浄成分も「アミノ酸」にしてしまうと割高になるので通常の「高級アルコール系シャンプー」で「石油系界面活性剤」を使用するわけです。

 

 

しかし、添加物が多ければ多いほどそれは頭皮や毛髪を気にする人にとっては「危険シャンプー」となってしまいます。

 

 

シャンプーを長持ちさせる成分は危険!


シャンプーは様々な成分などを配合して作られます。植物系成分や化学合成の成分、また石油系成分などを配合して作られる為、どうしてもバクテリアの発生や、酸化がしやすいなど通常のままでは長持ちはしません。そこで使われるのが、「防腐剤」や「乳化剤」、「防菌剤」、「酸化防止剤」、「金属封鎖剤」などです。

 

これらの成分が配合される事で長持ちの度合いは高まりますが、頭皮や毛髪には悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

長持ちさせる成分(頭皮や毛髪に悪影響を及ぼす)

代表的な防腐剤 パラベン、安息香、イソチアリノゾン
代表的な酸化防止剤 BHT、BHA
代表的な金属封鎖剤 エデト酸

 

長持ちさせるような添加物などが配合されていないシャンプーを使いたい場合は「通販の定期購入」がオススメです!
シャンプーはしっかりと決まった月に届く「定期購入」にしてあり、使いきれなかった分は処分するなどの方法を取っている場合はこのような「長持ちさせる成分」は必要ありませんよね。

 

 

 

 

洗浄成分も「石油系の界面活性剤」は危険!


洗浄成分でシャンプーを分けると大きく3つに分ける事が出来ます。
@「アミノ酸系シャンプー」、A「石鹸系シャンプー」、B「高級アルコール系シャンプー」です。

 

 

この3つの洗浄成分の比較をすると、@アミノ酸シャンプーは刺激が弱く、洗浄力がほどほどです。A石鹸系シャンプーは刺激は弱いですが、洗浄力が強めで皮脂を根こそぎ落としてしまう可能性もあります。最も悪い界面活性剤を含むのがB高級アルコール系シャンプーで刺激も炎症を招くほど強く、洗浄力も皮脂をとりすぎて乾燥頭皮や逆にベタベタ頭皮にさせてしまう事もあるくらい強いです。

 

3つの洗浄成分で分けるシャンプーの種類

@アミノ酸系シャンプー ●刺激弱、 ●洗浄力マイルド
A石鹸系シャンプー ●刺激弱、 ●洗浄力が強すぎ(皮脂を取りすぎる可能性有り)
B高級アルコール系シャンプー ●刺激強(頭皮炎症の可能性有り) ●洗浄力強(皮脂取りすぎの可能性有り)

 

 

 

頭皮環境の改善、予防の為に最も安心出来て安全なシャンプーは「アミノ酸シャンプー」でさらに「無添加」でシリコン、低分子性カチオン活性剤などの「コーティング剤不使用」のシャンプーです!

 

 

このような安心安全なシャンプーは市販よりも通販購入のほうが多いのは、価格が割高になってしまう事や使用感は通常のシャンプーよりも劣る為に一部の人向きだからです。
頭皮や毛髪などは全然気にしないなんて人にとっては安くて使った後のサラサラ感が強いほうが気持ちが良いですからね!

 

 

当然と言えば当然ですが、そのようなシャンプーを使い続ける事で30代になると取り返しがつかない毛髪や頭皮になってしまう事を伝えたいですね!

 

 

頭皮や毛髪の事を考えると「アミノ酸系シャンプー」以外の選択はないと言っても過言じゃないくらい重要なシャンプーですが、現在はまだまだ市販よりも通販がメインになっているのが現状です。

 

 

通販の定期購入が出来る「無添加アミノ酸シャンプー」がオススメ!


髪の毛や頭皮に影響を与える成分がすべて無添加で、さらにアミノ酸シャンプーの「アミノ酸+無添加シャンプー」は単品で購入すると「通常の市販シャンプー」に比べて高価です。

 

 

安く購入する方法は通販の「定期購入方法」がベストです。
定期購入だと毎回割引があったり、送料無料だったり、特典が付いたりとお得な事が多いので定期購入で購入する方法のほうが長く使うなら割安になりますね^^。

 

 

ここでは、「無添加」+「アミノ酸系」のシャンプーでも口コミや評価サイトなどで評価が高いシャンプーをまとめてみました。

 

調べて分かったのですが、「無添加+アミノ酸シャンプー」には「男性に支持されているシャンプー」と「女性に支持されているシャンプー」があるんですね!

 

さらに驚いたのは「無添加+アミノ酸シャンプー」でも使用する目的は、「毛髪や頭皮改善」だけでなくて、抜け毛改善などの「育毛シャンプー」として使う人も多いんですね!

 

 

毛髪改善・頭皮改善の為の「無添加+アミノ酸シャンプー」


以下「毛髪改善・頭皮改善の為の無添加+アミノ酸シャンプー」で人気のシャンプーを調べてみました^^。

 

 

「毛髪改善・頭皮改善目的」で男性に支持されている「無添加+アミノ酸シャンプー」

ウーマシャンプー

男性に支持されています!

ウーマシャンプー ウーマシャンプー公式サイト

 

 

 

「毛髪改善・頭皮改善目的」で女性に支持されている「無添加+アミノ酸シャンプー」

アロマのやさしさシャンプー

女性に支持されています!

アロマのやさしさシャンプー アロマのやさしさシャンプー公式サイト

 

 

育毛・発毛の為の「無添加+アミノ酸シャンプー」


以下「育毛・発毛の為の無添加+アミノ酸シャンプー」で口コミや評価が高いシャンプーを調べてみました^^。

 

 

「育毛・発毛目的」で男性に支持されている「無添加+アミノ酸シャンプー」

リマーユスカルプシャンプー

男性に支持されています!

リマーユスカルプシャンプー リマーユスカルプシャンプー公式サイト

 

 

 

「育毛・発毛目的」で女性に支持されている「無添加+アミノ酸シャンプー」

マイナチュレ育毛シャンプー

女性に支持されています!

マイナチュレ育毛シャンプー マイナチュレ育毛シャンプー公式サイト

 

 

 

スポンサードリンク